黒ずみケアのポイント|黒ずみの原因と解消方法

股の黒ずみの原因と対処方法

皮膚が薄くデリケートな部分である股は摩擦などの刺激で黒ずみやすい部分です。悩む女性は多いですが、陰部は角質が薄く下着やナプキンなどの刺激によって黒ずみやすいことを覚えておくことをおすすめします。
具体的な原因としては、顔や脇などに発生してしまうメラニンによって黒ずんでしまいます。加齢やホルモンバランスの変化、外部からの刺激によって肌を守るためにメラニンは生成されます。メラニンが色素沈着することによって黒ずみが目立つようになるのです。
このような黒ずみを改善したいという場合には、美容皮膚科などの病院に行ってケアすることがおすすめです。メラニンの生成を抑える効果のあるハイドロキノンやレチノイン酸を配合したクリームを処方してもらうことができるため、これらを塗ることで美白ケアすることができます。また、ケミカルピーリングによって古い角質を除去することなどもおすすめです。
自分でできる対処方法としては、下着による刺激を少なくするために化学繊維を使ったものなどを止めて通気性の良い下着にしたり、体に密着するジーンズなどの着用を控えて刺激を避けるようにします。ほかにもナプキンなどのかぶれや炎症を起こさないためにも陰部の清潔を心がけることも大切です。

股の黒ずみをとる方法として選択肢が二つある

水着になるとき初めて気がつく事がある股の黒ずみは、どのようにしてとることができるのでしょうか。普段であれば化粧品でコンシーラー等でごまかすことができますが、海で水着になるときには、なかなかごまかすことができません。そこで、登場するのがハイドロキノンです。これは、ドラッグストアでも販売されており、肌の漂白剤とも言われるほど強力で、濃いものを使用するとガンなどの発症リスクがあるので、基本的には4%以内の含有率のものしか使用されていません。ハイドロキノンを黒くなったところに塗ると、その部分の皮膚がめくれるようになってきます。個人差がありますが、ヒリヒリを伴う場合や、全く効果がない事もあるので、自己責任で判断するしかないです。股の黒ずみをとる方法として、失敗をしたくないという人は皮膚科を受診することをお勧めします。同じような薬を出されることもありますが、黒ずみに効果がない可能性はありますが皮膚がただれるような失敗をすることはありません。その他、レーザー治療で皮膚を再生することも考えられますが、こちらは時間的にも費用的にもかかるので、やらない方がいいでしょう。黒ずみが気になるのは気のせいとかもしれないため、身近な人に見てもらうのがいいかもしれません。